豆知識―VERITAS EP.01 
どうやってマスクの良さを判断するか

作者:洪偉禎医者
(元台湾大学病院脳神経外科医者、スタンフォード医学院訪問学者)

今市場に販売されている国々のマスクをどうやって品質を判断することがコロナを防ぐキーポイントです。
マスクの良さは主に真ん中のメルトブローン不織布の質を見るのです。感覚、色、厚さ、折り方を見るのじゃなくて、電荷技術が良いかどうかです。メルトブローン不織布はマスク濾過層に使えるのが静電気の力で粒子を吸着するのです。

だが、ある国のメーカーは関連技術がないのでメルトブローン不織布の濾過率は30~40%だけあって、欧米の医療組織に返品されることになります。外見だけで品質の良さが判断できないので信頼できるメーカーを選ぶのがお勧めです。

台湾国家チームが作ったマスクならメルトブローン不織布は政府が統一管理し、販売するには国家のCNS14774認可をもらわないといけないのです。海外に輸出するにも厳しい検査を受けます。台湾政府は力を尽くして頑張ってます。 

豆知識―VERITAS EP.02 
ハーバード医学院Klompas医者はニューイングランド医学雑誌にマスクつけるのを支持する文章を発表しました。

作者:Michael Klompas, M.D., M.P.H. et. al.

今でもアメリカにマスクつけるかどうかを疑う声が少なくはありません。マスクはウイルスに対する防衛力は科学的な根拠あり、ハーバード大学医学院のKlompasにも勧められています。無症状のSARS-CoV-2感染者はまだ強い伝染力が持っていて、こういう人は多いのです。感染された人が自分が知ってるかどうか、マスクは伝染するのを予防することができます。

多くの研究により、SARS-CoV-2伝染のリスクは接触時間と強さに関係あります。家族同士に感染されるリスクは40%で、外の空間なら5%にもならないのです。研究により、SARS-CoV-2の感染予防はマスクと関係あって、特に室内の閉鎖空間には関係性が高いです。

なので、他人と2メートルの長時間接触あればマスクつけるのを公共衛生組織に要求していただきたいと思います。

豆知識―VERITAS EP.03 
どうやって台湾製のマスクを確認できるのか?質をどうやって判断する方法は何か?

MOCACARE 

どうやって台湾製のマスクを確認できるのか?質をどうやって判断する方法は何か?海賊版商品の技術が進化したので外見だけ判断するなら簡単ではありません。Made in Taiwanのマークもマネされてもっと区別しにくいです。以下の三つの見分ける方法をご参考ください。

1、単独で包装されるのがリスクが高いです。箱の上にメーカーの情報、品番や生産日付がついてるのが安心です。だが箱さえマネするのもあるます。

2、台湾政府が輸出に対し、厳しい規制がありまして、検査した上に輸出許可を得られます。政府の認可あれば、品質の保証となります。

3、アメリカと台湾には一般的に医療用マスクは販売できず普通のマスクしか販売できないのです。医療関係組織だけ医療用マスクを販売できるのです。なので許可をもらったところから購入すれば偽物を買ってしまうリスクも下がります。

豆知識―VERITAS EP.04 
マスク検査基準と保護力:ASTM-F2100,EN14683,CNS14774に関し。

MOCACARE 

コロナ禍にマスクは持たなければできないものとなりました。マスクの仕様と国々の基準が違いは保護力にどんな関連性があるのでしょう。いろいろ検査の中の細菌濾過率検査(Bacterial Filtration Efficacy, BFE)が一番関連性あるというのです。BFEは主にエアロゾル化細菌(aerosolized bacteria)を阻止する有効性となります。

BFEはアメリカのASTM F2100、台湾のCNS14774、EUのEN14683マスク検査基準には欠かなければならない検査で、違うレベルのマスクさらに要求が異なります。どの国でも、医療用になるとBFEは95%以上にならないといけないのです。そしてEUのType II/ Type IIRやアメリカのLevel 2/Level 3検査にBFEの98%以上を要求します。

BFE以外の要素を加入するともっと正しく分類できます。この医療基準の目的は使用者がマスクつける時にまだ呼吸できるかどうかなのです。即ち、基準に合ってるマスクはある程度の通気性が要求されています。言い換えれば、通気性の悪いマスクは質が悪いのです。

なのでよいマスクは通気性と保護力を両立できるのがキーポイントです。マスクを遮って蝋燭の火を消せるかどうかで通貨性を判断する方法あるが信頼性が高くないです。信頼のメーカーが提供する科学的な数値と検査は悪いマスクを避ける方法なのです。